MOTOYAの歩み|MOTOYAの歩み

創業。路上から駐車場へ

阪神大震災で「ふれあい喫茶」という復興を支える目的で運営する喫茶店を紹介していたテレビを観て、災害があるなしに関係なくこのような活動は、今の日本にとり必要があると感じ、起業を決意しました。1996年秋、移動喫茶モトヤエクスプレス1号店は路上営業からスタートしました。

移動しながらの喫茶営業は保健所の営業許可証が発行されますから、決して違法行為ではありません。しかし屋台というものにつきまとうアウトロー的なイメージが立ちはだかり困難な面もありました。こうしたイメージは実際に良い仕事をして改善していくほかはありませんから、毎日懸命にコーヒーを売り、掃除をし、地域の方々との交流を大事にしてきました。

うれしかったのは、応援者が意外なほど大勢いてくださったことでした。やがて地元の方々の暖かいご支援もあって、代官山駅前の駐車場に常設で営業ができるようになりました。

 
大企業から出店の要請が。商業活性化ための期待の星となる

世界的なイタリアのアパレルメーカーであるベネトンは日本本社とストアを合体させたベネトンメガストアを表参道に建てて話題を呼びましたが、同社はオープンにあわせてモトヤエクスプレスに常設出店を要請されました。同社会長で世界的な企業家であるルチアーノ・ベネトン氏と社長のファブリツィオ氏そしてモトヤエクスプレス代表の伊藤は、「ユニークで人間味あふれる共感の創造」という共通テーマを追求することで一致しており、同社はベネトンと日本のよい橋渡し役をモトヤエクスプレスに期待しています。現在同店の売上は代官山店にせまる勢いをみせています。

三井不動産株式会社は、日本橋室町の三井本館内の中庭に、室町テラスをオープンさせました。三井本館は歴史的建造物として有名なビルディングで、そのテラスでの喫茶ケータリングをモトヤエクスプレスに要請いただきました。三井不動産の担当女性スタッフの方が私共のフォクシー青山店に来られ、洗練された外観とスタッフのサービスの様子をみて上司に推薦してくださったことがきっかけとなりました。

このように他の企業体とのタイアップが好調なのは、モトヤエクスプレスのユニークな業態が、出現するやいなや、その現場を人間味のある、居心地の良いの雰囲気に変えることが簡単かつローコストにできるからだと考えられます。また高いモラルと接客の質の高さが、その企業体に好感されていることが伺われます。これからも、この未知の領域を少しずつ開拓していきたいと思います。