直営店紹介|直営店・その他店舗のご紹介

珈琲屋台モトヤエクスプレス
珈琲屋台1台の収益力は自動販売機の10倍以上です。

平成14年度日本全国の清涼飲料水の自動販売機1台当りの平均月商は約7万円であるのに対して、弊社直営店1単位の平均月商は約70万円です。

茨城県神栖町の電気店での設置例
平均月売上金額: 137万円出店料歩率: 12% 平均月間出店料: 16.4万円
平成14年6月から平成15年2月迄の平均です。現在も盛業中です。
事例は成功の可能性を実績で示したもので、売上を保証するものではありません。

 
コーヒーショップ・トレイラー
本格メニューミックスにより収益力の更なる向上が可能

「高集客力」「高収益性」「低価格高グレード」を開発コンセプトに、移動販売はもちろん、配管することで屋内でも営業許可対応できるスーパー屋台です。導入費用は516万円前後を予定しております。価格には車体本体を含みます。車体本体が米国工場による受注生産の為納期は120日程度となります。トレーラーでも牽引免許は不要。車検は初回は2年、以降は毎年必要となります。原則としてスタッフが2名必要となります。

 
珈琲屋台モトヤエクスプレス
MOTOYAEXPRESS研修の考え方

店の立地、売り方、価格、商品の各要素をどうコントロールするかはその店のオーナーの考えで決まります。考え方がしっかりして正しいものであれば繁栄は長続きするでしょうし、反対に考え方が確立できていなければ繁栄は長続きしません。

そこでオーナーにはどのような考え方や行動の原理原則が必要になるのかを理解してもらわなければなりません。われわれが考える繁栄の原理は、「コーヒーを売るのではなく、くつろぎの体感を売る。そのためにおいしいコーヒーを売る。そのことが繁栄につながる」ということです。

このことに違和感を感じる人に、われわれはこの仕事を薦めることはありません。しかしこのことを理解し実践することが自己実現につながると考えることができるなら、私たちと仕事をすることを考えてみてください。

感受性訓練(ST)
私たちの店を訪れてくださるお客様は、その時どのような気分でいるのでしょうか?お客様は私たちに何を要求しているのでしょうか?私たちはお客様の要求をわからなければ良いサービスもできません。
しかしお客様の直前の状態を売り手は知れません。そこで売り手側は短時間にできるだけリアルにその出会いを体感し、お客様の要求を短時間に受容する訓練をしなければなりません。そしてこの能力があるかないかで、お客様のくつろぎの度合いは大きく違ってくるのです。このことを解説し、またなぜそのような現象が生じるのかを理解し能力を身に着けて経営に役立てる訓練がST感受性訓練です。